読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・おんがくの時間

様々なジャンルの音楽にあーだこーだ言うブログ。

俳優・高橋一生とミュージシャン・安部勇磨(never young beach)という兄弟について

 

 

私には年の離れた姉がいる。昔から言われるのだが、私と姉はあまり似ていない。顔はともかく性格も全然違うし、年が離れているせいか話もかみ合わない(仲はとてもいい)。実際知り合いからは「ホントに姉弟?」と言われることもしばしば。

 

たとえ血が繋がっていても、それが兄弟関係だったとしても、お互いが似ないことは良くあることだと思う。小学校の時なんかは、友達のお兄ちゃんとかお姉ちゃんとかが友達に全然似てなくて、事実を知らされたときに驚いたことが何度かあった気がする。「えー、そうは見えない」、なんてね。

 

前置きはこれくらいにして、先日、今年最大の「えー、そうは見えない」大賞候補ともいえるニュースが話題となった。

 

 

俳優・高橋一生の弟はミュージシャンだった

 

TBS系バラエティ番組「A-Studio」にて、ゲストとして俳優の高橋一生が出演する。高橋一生と言えば、舞台や映画、ドラマなど幅広い活躍を見せる36歳の中堅俳優である。個人的には「医龍」や「信長協奏曲」なんかのイメージが強い。「耳をすませば」のアテレコもしていたらしいから驚きだ。顔立ちも整っていて、爽やかな印象の二枚目俳優の彼は今季のドラマ「カルテット」で注目を集めつつある人気者だ。

 

そんな彼が、番組の中で衝撃的な事実を言い放ったのである。彼の弟がロックバンド「never young beach」のフロントマンでありギターボーカルを務める安部勇磨であるということだったのだ。…とはいえ、まだそこまで知名度がないバンドではあるので、この放送を見ていた人の大半は「え?誰?」となったかもしれない。ということで、その兄弟の写真をご覧いただきたい。上が兄の高橋一生、下が弟の安部勇磨である。

 

f:id:hyena0615:20170118214611j:plain

 

 

「えー、そうは見えない」

 

 

別に安部勇磨の顔がどうこう言うつもりはないが、明らかに似ていない。というのも、どうやら安部と高橋は父親が違うらしい。彼らは5人兄弟だったようだが、そこには複雑な家庭事情がある模様。とはいえ、高橋と安部の血が繋がっていることは確かである。まあ、似てないこともそりゃあるよ。

 

 

 

 

 

ところで、never young beachってバンドとは?

 

さて、番組内では高橋一生だけでなく司会の笑福亭鶴瓶までもが絶賛していたという弟・安部勇磨の所属するバンド「never young beach」、通称ネバヤン。インディーズ界隈では結構名が売れてきているほうだとは思うが、改めてこのバンドをおさらいしておこう。

 

www.youtube.com

 

2014年結成、2015年にインディーズデビューしたネバヤンは同じレーベルのyogee new wavesとともに次世代音楽の幕開けを感じさせるようなサウンドで注目を集めた。彼らの音楽は決して新しすぎず、言ってしまえば過去の焼き増しのようにも取れるが、その中にも現代の空気感や焦燥感をふんだんに散りばめているポップロックバンドである。トリプルギターの構成となっているこのバンド、マリンバやスチールパンなどの様々な楽器が登場するとはいえ、やはりギター中心のロックを聴かせてくれる。

 

はっぴいえんどサニーデイ・サービス細野晴臣大瀧詠一曽我部恵一。その辺りが好みならドンピシャ、そうでなくともこのポップさは多くの人から親しまれるようなバンドにさせているだろう。今回のニュースで知った人たちも、ぜひネバヤンの楽曲を一度聴いてほしいものである。ちなみに作詞作曲は安部が手掛けており、鶴瓶や高橋が弟を絶賛するのもよくわかる。

 

 

小松菜奈の起用で注目を集めた「お別れの歌」

 

 

www.youtube.com

 

2016年12月にネットニュースを騒がせたのは、小松菜奈をMVに起用し、まるで恋人目線で見れるような手法を取った「お別れの歌」の動画である。再生回数がうなぎ上りとなり、100万回再生に迫る勢いとなっている。ライブでも定番の一曲であり、この曲と先ほどの「明るい未来」などが収録された2ndアルバム「fam fam」は高い評価を各方面から受けており、雑誌でも取り上げられていたようだ。

 

ソングライティングセンスに長け、プロモーション能力も非凡。なのに、兄には似てない。正直顔はどうでもいいんですよ、世の中顔じゃねえよ!!(戒め)

 

 

今後の活躍に期待、ライブも要チェック

www.youtube.com

 

 

今回の件がここまでネットで話題になっているということは、否応にもネバヤンに注目が集まることだろう。80年代を想起させるようないでたち、ファッションを見せる彼らは少なくともその個性を大きな武器にできるはず。何も考えずに気持ちよく体を揺らせていられる、それでいてキャッチーな音楽なんだから、自然とネバヤンにハマる人も増えていくこと間違いなし。

 

また、彼らはライブも高いクオリティなので、ぜひライブハウスなどなどに足を運んで、間近でネバヤンの演奏に酔いしれようではありませんか。ますます今後が期待大なバンドです。

 

…ということで、その話題の番組「A-Studio」は1月20日の放送だそうです。ご覧あれ。それでは。